BLOGOS

著書

twitter

講演・取材依頼

  • アドレスmihotateあっとまーくkk.alumni.u-tokyo.ac.jp

公開・ダウンロード可能論文

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「憲法9条にノーベル平和賞を」に賛同署名をしました | トップページ | 寝太郎とスモール・ハウス »

2014年5月 5日 (月)

三重県地震碑、津波碑の集成、『いのちの碑』

 Kengi20140504

 三重県の新田康二先生が作成したパンフレット『いのちの碑』です。
 
 2月に三重県高等学校社会科研究会の講演にうかがった際、先生方と一緒に私
も新田先生の案内と運転で、屈曲の多い道と急な坂道を通って案内 していただ
き、その徹底的な調査の御様子を知りました。

 副題に「地震碑、津波碑、遺戒碑、供養碑、墓碑など」とあるように、三重県
で新田先生が調査された100基の碑文に刻まれた碑文の翻刻、所 在地、大き
さ、建立年、想定される関係の地震・津波などのデータからなっています。
 明応地震津波、宝永地震津波、安政地震津波、東南海地震津波という三重県で
確認できる四枚の地震津波の関係地図があり、そこに各々の碑の所 在地がマー
クしてありますので、全体像を捉える上で至便です。

 最後のページには、「三重県の津波碑などの概況」という小論文もあります。
 それによると調査の目的は、(1)死者の声を聴くために釈文の集大成を行う、
(2)宝永・安政・昭和東南海地震での津波最大遡上高はどの高 さまで来たかの二
つにあるということである。

 このパンフレットを入用の方は、新田康二先生まで直接に御申し込みくださ
い。メールアドレスはnitta.ya@mxs.mie- c.ed.jpです。送料込みで482円ということです。
地震学、歴史地震学の方はお持ちいただいた方がよいと思います。


 千葉の朝日カルチャーセンターで古山豊先生にお願いして、千葉の元禄地震・
大津波について話しをうかがったが、各県各地で、こういうパンフ レットが必
要なのだと思う。


 なお、三重での現地見学について、2014年2月23日 (日)のブログに「地震火山
105志摩の津波碑、三重県高等学校社会科研究会の講演」という記事を載せてあ
ります。

« 「憲法9条にノーベル平和賞を」に賛同署名をしました | トップページ | 寝太郎とスモール・ハウス »

火山・地震」カテゴリの記事