著書

twitter

公開・ダウンロード可能論文

無料ブログはココログ

« 米田佐代子先生の御元気そうな写真 | トップページ | 神話論について講演の準備。 »

2014年10月 6日 (月)

北星学園大学を応援する「負けるな北星!の会」にj賛同。

下記の要請を知りました。
大学側の声明を読みましたが、筋の通ったものでした。

北星学園大学を応援する「負けるな北星!の会」(略称マケルナ会)賛同人のお願い

「負けるな北星!の会」発足記者会見のお知らせ
 
日時:10月6日午後2時~
場所:衆議院第1議員会館地下1階第6会議室 
    (千代田区永田町2-2-1)
出席者(会の呼びかけ人)
山口二郎(法政大学教授)
原寿雄(ジャーナリスト)
桂敬一(元東大教授) ほか

  本会は、北海道札幌市にある私立北星学園大学に対する、ネット右翼などによる爆破予告などの脅しを受け、学園を孤立させず、大学の自治、学問の自由を守り、ひいては民主主義を健全に育てるべく、6日発足する全国の市民有志の会です。
 すでに一部報道されていますが、北星学園大学に対する攻撃は、日本軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者が、非常勤講師として勤務していることに端を発しています。大学に対する脅迫はメール、電話で今春から執拗に始まり、「講師をなぶりごろしてやる。辞めさせなければ、学生を痛い目にあわせる」という脅迫にまでエスカレートしています。また講師本人はもとより、高校生の長女がネットに氏名、写真をさらされ「自殺においこむ」と脅され、長男の高校の同窓生が、人違いで写真をネットに載せられ「売国奴のガキ」などと攻撃されています。
これは単に、一大学、一個人の問題ではないと考えます。事態を憂慮した上田文雄市長は、「北星学園に屈しないようエールを送りたい」と、札幌市議会代表質問の場で答えています。上田市長にはその後、当会の活動に賛同していただいています。
 当日は配布する資料とともに、「負けるな北星!の会」の状況ともども説明いたします。 民主主義の根幹である報道に携わる記者の皆さんが、多大な関心を寄せてくださることを願っています。                    
賛同人になっていただける方は、

①名前
②肩書き(現職、元職、主婦など)
③都道府県(道内なら市町村)
④名前公表の可否
⑥メールアドレス
⑦電話番号

を記し、会のメルアド makerunakai@yahoo.co.jp まで御連絡ください。

« 米田佐代子先生の御元気そうな写真 | トップページ | 神話論について講演の準備。 »