BLOGOS

著書

twitter

講演・取材依頼

  • アドレスmihotateあっとまーくkk.alumni.u-tokyo.ac.jp

公開・ダウンロード可能論文

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 教わった体操 | トップページ | 江戸時代の農民経営は「発達した」ものか?entwickeltenの翻訳 »

2014年11月 1日 (土)

オランダ国王の訪日、宮中晩餐会での挨拶、日本軍によるオランダ国民への虐待について

オランダ王室のホームページから、(HET KONINKLIJK HUIS) Homeから右上のselect languageを英語で
Speeches
Speeches archive
Speech by His Majesty the King at the state banquet on the occasion of the State Visit to Their Majesties the Emperor and Empress of Japan, Tokyo


29 oktober 2014
日本とオランダの関係を概観し、「 both the sweet and the bitter」(暖かな経験と苦い経験)のうちのビターな苦い経験として下記のように明瞭に述べている。このうちのhumiliationは単なる迫害ではなく、辱めをあたえるという決定的な強い意味であって。要するに軍による性奴隷の強制を意味する。

それゆえに、私たちは第二次大戦中におけるオランダの市民と兵士の経験を忘れないし、忘れることはできない。そのときに負わされた傷の痛みは多くの人々の生に暗い影を投げかけてきた。犠牲者に対する嘆きのうめき声は今日までも続いている。牢獄と強制労働と陵辱humiliationの記憶は多くの人々の生活にいくつもの傷跡を残している。

So we will not forget - cannot forget - the experiences of Dutch civilians and soldiers in the Second World War. The wounds inflicted in those years continue to overshadow many people's lives. Grief for the victims endures to this day. Memories of imprisonment, forced labour and humiliation have left scars on the lives of many.

Zo vergeten wij ook niet - zo kúnnen wij niet vergeten - de ervaringen van onze burgers en militairen in de Tweede Wereldoorlog. De wonden die in die jaren zijn geslagen, blijven het leven van velen beheersen. Het verdriet om de slachtoffers blijft schrijnen. De herinneringen aan gevangenschap, dwangarbeid en vernedering tekenen het leven van velen tot op deze dag.

« 教わった体操 | トップページ | 江戸時代の農民経営は「発達した」ものか?entwickeltenの翻訳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事