BLOGOS

著書

twitter

講演・取材依頼

  • アドレスmihotateあっとまーくkk.alumni.u-tokyo.ac.jp

公開・ダウンロード可能論文

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 法曹界の動きは国家機構内部の分岐を意味する | トップページ | 村井康彦氏の『出雲と大和』について »

2015年9月27日 (日)

『老子』35章。超越的な「道」の理路をとることを、巨象に乗って天下を往くようなものだという比喩で論じている。


35 大きな象に乗って天下を往く
 巨象にのって天下を往けば、往って害されることはなく、平らかで泰らかである。音楽と餌は(象だけではなく)旅人の足を止めるが、過ぎゆく道自体の側からいえば、それらは淡々としていて、味は消えていく。そもそも、先に述べたように、そういう大道は、目をこらしても見えず、耳をすましても聞こえず、用いても変化のないものなのだ。

大象を執って天下を往かば、
往きて害せられず、即ち平泰なり。
楽と餌とは、過客を止めるも、
道の言に出だすは、淡乎として其れ無味なり。
之を視るも見るに足らず、之を聴くも聞くに足らず、
之を用いて尽すべからず。


執大象天下往、
往而不害、即*1平泰。
樂與餌過客止、
道之出言、淡乎其無味。
視之不足見、聴之不足聞、
用之不可尽。

解説
超越的な「道」の理路をとることを、巨象に乗って天下を往くようなものだという比喩で論じている。殷の時代には建築工事に巨象を用いたといい、中国南部では象はやや後までも残った。甲骨文字の「為」は、この象を使役している字形である。もちろん、「大象」という語は、「大像」(大きな形)に通ずるニュアンスをもっている。一四章では、「道」の運動を「物のない象」といい、四一章でも道を「大象」と形容し、それは「無形」であるといっている。「大象」を動物の象と理解するというような解釈は、知る限りは存在しない。しかし、そうした方が哲学詩のイメージがわく。

« 法曹界の動きは国家機構内部の分岐を意味する | トップページ | 村井康彦氏の『出雲と大和』について »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法曹界の動きは国家機構内部の分岐を意味する | トップページ | 村井康彦氏の『出雲と大和』について »