BLOGOS

著書

twitter

講演・取材依頼

  • アドレスmihotateあっとまーくkk.alumni.u-tokyo.ac.jp

公開・ダウンロード可能論文

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« サンダースで心配なのは国際政策+2月12日のツイート、 | トップページ | アメリカは「世界の警察」でなくてよいのか+サンダースのツイート2月15日 »

2016年2月15日 (月)

サンダース現象とアメリカ・日本関係。サンダースの2月13日のツイート

 サウスカロライナ(27日)でも、ネバダ(20日)でもサンダースがクリントンを追い上げている(CBSの世論調査)。
 サウスカロライナでは昨年11月段階の両者の差が半分に縮まった。クリントン58%。サンダース40%
 ネバダではタイ。クリントン45%。サンダース45%。
 

 アメリカと日本は鏡のようなものなのかもしれない。第二次大戦後の日本は、アメリカを鏡にして自分をみていた。アメリカという鏡に自分が映る姿によって自分を認識していた。東京のような都市に育った私などは、日本の民俗さえも、自分の目をアメリカの観光客の目に同一化させてみていたように思う。そこに映るのはアメリカの似姿としての日本。そして、何よりも問題なのは、東アジアもアメリカの鏡からみていたことであり、またその鏡では実像のアメリカはみえなかったことである。

 現在の状況は、その鏡がなくなってしまったということだろうか。そして鏡がなくなった状態でみてみると、アメリカにも日本と同じ状況があったということを発見することになる。鏡が透明化することによって向こう側がみえるようになってしまった。バーニー・サンダース現象というものがあるとしたら、それははそういうものなのかもしれない。

 紹介しているツイートは、バーニー・サンダースの演説からとったテキストであるようであるが、どれを読んでも、日本の現在の状況と似た部分を感じる。ガマガエルは鏡に映った自分の姿をみて脂汗をながすという訳であるが、そこまではいかないとしても、バーニーのツイートをみていると、そんな感じがする。

There was once a time when our nation's infrastructure - roads, bridges, rail - were the envy of the world. Sadly that's no longer the case.
かっては我々の国の道路・橋梁・線路などのインフラは世界の羨望の的だった。悲しいことに、いまや状況はまったく違う。
 【日本が地震火山列島であることを、ことあらためて知ると、なんとも不安なことである】

We must end the scandal in which millions of Americans, many earning less than $30K/year, work 50 or 60 hours a week without overtime.
私たちは 何百万人ものアメリカ人が年収3万ドル($30 K)以下の賃金で、残業を別として、1 週間、50から60 時間の労働をしているというスキャンダルに終止符をうつ必要がある。
 【これは日本円でいえば年収300万か。河上肇の『貧乏物語』のいう「貧困線」の一致ということなのだろうか。アメリカ経済と日本経済は貧困線の一致によって共通する性格をもつようになっているのだろうか。ここら辺のことを経済学の人はどう説明するのだろう。貧困線というのは衣食住と労働力の再生産費用に近接するというのが河上のいったこと】

It makes no sense that students and their parents are forced to pay interest rates for college loans that are higher than housing mortgages.
学生とその両親が住宅ローンより高いカレッジローンの金利を支払わせられるというのはどうしようもない。
 【これは本当に似た状況が生まれている。大学の位置・意味・進学率が違うということもあるが、ヨーロッパでは、基本的には大学の学費は無料かきわめて安い】。

One of the most serious crisis facing this country is the lack of decent-paying jobs for young Americans. We must defeat this crisis.
 この国が直面している最も深刻な危機の一つは、若者のためのまともに支払われる仕事の不足である。私たちは、この危機を破っていかなければならない。

It's imperative that the one-in-five Americans living with a mental health condition receive care in a timely manner.
5 人に1人のアメリカ人がメンタルヘルスに問題があって、ときどき治療を受けているというのはどうにかしなければならない問題だ。

Higher education is a strategic investment in our nation’s future. That is why education should be a right, not a privilege.
高等教育は、国の未来のための戦略的な投資として位置づけられる。教育が権利であって特権でない理由はここにある。

We must transform our energy system away from fossil fuels if we are interested in subsiding the irreversible effects of climate change.
気候変動の不可逆的な影響を抑え込む必要がある以上、エネルギーシステムを化石燃料から変えていかざるをえない。

The opioid epidemic claims 78 lives each day. We must ensure lifesaving drugs, such as naloxone, are accessible to those who need them.
ケシ(オピオイド)の流行は、毎日、78人の命を奪っている。ナロキソンなどの救命薬が必要な人にアクセスできるようにしなければならない。


« サンダースで心配なのは国際政策+2月12日のツイート、 | トップページ | アメリカは「世界の警察」でなくてよいのか+サンダースのツイート2月15日 »

バーニー・サンダースとアメリカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サンダースで心配なのは国際政策+2月12日のツイート、 | トップページ | アメリカは「世界の警察」でなくてよいのか+サンダースのツイート2月15日 »